レバウルフは効果なし?【損する前に読んでほしい】効果がでない原因一覧!

飲み会などでついつい飲みすぎてしまった…
仕事で毎日飲まなければならない…

お酒を飲むとき、多くの人が悩まされる「二日酔い」。

レバウルフは、そんな二日酔いを予防してくれる、最近SNSや口コミで話題の指定医薬部外品です。

レバウルフに含まれる「ウルソ」と「ウコン」という成分が、肝臓と胃のはたらきをサポートし、アルコールの分解と消化機能を促進してくれるそうです。

しかしインターネットで口コミを調べていると、「レバウルフは効果なし」というコメントも数件見つかりました。
実は、レバウルフの効果を最大限に引き出すためには、飲むタイミングがとても重要になってきます。
それを守らなければ、「せっかくレバウルフを買って飲んだのに、効果がなかった…」なんてこともありえます…!

そこでこの記事では、レバウルフを飲んでいるのに効果がでない原因と、レバウルフの効果的な飲み方について解説していきます!

損をする前に、レバウルフの効果的な飲み方をしっかり押さえておきましょう!

レバウルフは飲んでも効果なし?

さきほど、インターネット上では「レバウルフは効果なし」という口コミがあるといいました。

どういう点で効果が感じられなかったのか?
効果が感じられなかった原因はなんなのか?

これらを分析するために、まずは実際に「レバウルフは効果なし」と感じた人の口コミを見ていきます。

「レバウルフは効果なし!」と感じた人の口コミ

  • 1週間飲みましたが効果なし

    レバウルフを飲み始めて1週間たちます。
    家でお酒を飲む前にレバウルフを飲んでみると、次の日全くお酒が残っていなかったので、最初は「もしかして効果あるかも!」と思いました。
    ですが飲み会の翌日は結局また二日酔いになってしまいました。
    インターネットの評判がよかったので期待していただけに残念です。
    定期コースに申し込んでいるのでもう少し飲み続けてみようと思いますが、効果がないままだったら解約しようと思います。

  • 飲むのを忘れてしまいます。

    もともと肝臓が弱く、お酒を飲むたびに毎回二日酔いになっていました。
    そこで友達にすすめられたレバウルフを試しに飲んでみることに。
    実際にレバウルフを使用してみると、二日酔いがいつもより軽くなる気がします!
    ただ、公式サイトでは食後に飲むように書いてあるんですが、ついつい飲むのを忘れてしまいます…。
    自分のせいではありますが、翌朝だけの使用でももっと効果があったらいいのになあと思います。

レバウルフの効果がでない原因

レバウルフにはしっかりと二日酔いを予防する成分が入っているのに、「レバウルフは効果なし」と感じてしまう人がいるのはなぜなのでしょうか。
ポイントはレバウルフの「服用期間」と「服用回数」にありました。
ここからレバウルフの効果が得られない原因を説明していきます。

レバウルフ効果なしの原因①短期間で飲むのをやめている

レバウルフの効果が感じられない原因として、まず短期間で飲むのをやめてしまっていることが考えられます。

レバウルフには、「ウルソ」「ウコン」のほかに、「人参」「生姜」「センブリ」などの天然成分が含まれています。
これらは徐々にわたしたちの体に作用し、肝臓や胃腸のはたらきを改善していくため、すぐに劇的な効果が得られるものではありません。
そのため、1~2週間など短期間で飲むのをやめると効果が実感しづらくなり、「レバウルフは効果なし」と感じてしまうのです。

レバウルフ効果なしの原因②1日に飲む回数・タイミングが悪い

さきほど説明したように、レバウルフはなんども飲んでいるうちに徐々に体のはたらきを改善していきます。

そのため、レバウルフを1日1回飲むのと1日2回飲むのとでは効果が変わってきます。

またレバウルフはお酒を飲む前に服用することで肝臓のはたらきをよくし、アルコールの分解を促進します。
レバウルフを摂取するタイミングがアルコール摂取後だと、効果が感じづらいでしょう。

レバウルフの効果的な飲み方!

ここまで、レバウルフを飲んで効果なしと感じる原因についてご説明してきました。
これらを踏まえて、レバウルフの効果的な飲み方をまとめていきます。

3カ月以上継続して飲む

まずレバウルフを飲むときには、3ヶ月以上継続して飲むようにしましょう。
レバウルフの口コミを見てみると、「最初の1週間は効果が感じられなかったが、1ヶ月飲んでみて効果ではじめた」という口コミも実際に見つかります。

このように、長期間継続して飲むことで体のはたらきが改善され、効果が実感できるようになるため、3カ月以上継続して飲んでみてください。
レバウルフを長期間服用するときは、公式サイトの先着500名限定の定期コースがお得です。

1日3回適切なタイミングで飲む

レバウルフを飲むとき次に大切なのが、1日3回食後に飲むということです。

とくに、飲み会前とお酒を飲んだ翌朝は、かならず飲むようにしてください。
飲み会前にレバウルフを飲むのを忘れてしまうと、普段からレバウルフを服用していても、二日酔いを感じてしまう可能性があります。

そのため常にレバウルフを持ち運び、飲み会でお酒を飲み始める前に服用することをおすすめします。
「パッケージが派手だから知り合いに見られるのが恥ずかしい…」という方もいると思います。
そのような場合は、お手洗いに行った際などにこっそりと隠れて飲むのがおすすめです!
うまくタイミングを見つけて、飲み忘れてしまうことがないように注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか。
レバウルフを服用するとき重要なポイントがお分りいただけたと思います。

  • 3カ月以上継続して飲む
  • 1日3回適切なタイミングで飲む

これらを意識して、レバウルフで快適なアルコールライフを送りましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

レバウルフの成分を徹底分析!二日酔いを撲滅する5つの成分・効果とは

NO IMAGE

レバウルフを通販でお得に買う方法!5つのサイトを比較し最安値を検証した

NO IMAGE

レバウルフは副作用あり!?飲む前に知りたい、副作用と注意点まとめ